AnDrew’s小生意気レビュー記

作品の感想レビュー記事をメインに投稿しています。作品への造詣を深め楽しみつつ、それを他の方々とも共有できる場になれば。よろしくお願いします。

家族 愛 東京大決戦

ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突

感想レビュー

 

※本レビューはネタバレを多分に含みます。未鑑賞の方はご注意の上、鑑賞された後に読んでいただくことをお勧め致します。

 

 

 

オ...オレ...

オレ...センサイ(繊細)...‼︎!💢

 

ゲント隊長の無意識のノンデリ発言にブレーザーくん、渾身の微ギレ意思表示!!TV本編でもSKaRDのみんなからの信頼に嬉しくなってストーンを白熱化させたことあったけど、今回のはだいぶ分かりやすかったな...w 

ブレーザーくん、ゲント隊長への微ギレをはじめ、ひょっこり奇襲や儀式ポーズキャンセル(からの若干キレてそうな咆哮)、アースガロンへのアリガトォォォ...など、あのプリミティブなキャラだからこそのちょっとシュールな面白撮れ高を本作でもたっぷり提供してくれてて大満足でしたね 君はこれからもそのキャラ的な強みを持ち続けていてくれ でも同時にゲント隊長をはじめとしたSKaRDの仲間達との絆の深まりや感情表現の豊かさにより成長も見られたので、そこもしっかり嬉しかったね

 

大団円を飾ったTV本編から早1ヶ月強、堂々公開となった劇場版ウルトラマンブレーザーを自分も初日に鑑賞させていただきました(残念ながら朝一番は逃したが)。例年のニュージェネシリーズ以上にTV本編の方にどハマりした一ファンとして非常に楽しみで仕方がなかった本作でしたが、期待してた通りのブレーザーらしさをしっかり最後まで完徹し、魅力をフルパワーで押し出し切った一本だったなというところで実に気持ちが良かったですね。有終の美...と表現するのは本作の着地のさせ方的に良い意味で相応しくないと思うけど、とりあえずブレーザーメインの展開の一区切りというところで良いものであったなと

まぁ何はともあれ、

 

ブレーザー怪獣TV本編後半クール組のOPサビラッシュ演出を本作でやってくれてありがとうございます

OPのカットがやや巻き気味だったから(おや、ちょっと追加入ったりしてる...?)と密かに期待はしたが、実際にやられるとマジに興奮しましたね...この時点でボルテージMAXよ(ちょろい) TV本編ではここがマジに唯一と言っても良い心残りだったからそれが解消されて大満足や

 

そんな本作は田口監督が公開前のインタビュー等で語ってた通り、TV本編最終回から連なる所謂「完結編」的な趣とは違い、「スケール大きめなブレーザーのエピソードの一つ」という感じのストーリー仕立てとなっていたのが例年のニュージェネ劇場作品と大きく違った部分でありつつ、実にブレーザーらしいテイストとなっていて面白いところでありました。やはり縦の軸をドラマ面の柱として緩めに配置しつつ全体的には横の広がりを大きく持たせるというニュージェネシリーズとしては珍しい、古き良きウルトラシリーズ的なバラエティ豊かさを押し出した構成がブレーザーの大きな特徴の一つにして魅力であったと思うので、劇場版という大きな括りの上でも本編の延長的な形で敢えてそれを貫いたことで「やっぱこれだね!」的な安心感を味わわせてくれたのはとても良かったですわね(真・完結編!みたいなのも良いけどこのくらいの肩肘張らなさのが個人的には好みじゃしな)  田口監督がどこかのインタビューで言ってたと思うけど、こうすることで「これからも続いていくブレーザーの物語の余地を残す(反響次第でスピンオフが作られる可能性があるのも込みで)」というラインを引いてくれたのも粋で嬉しいぜ コンテンツ展開を楽しみにしてくれる人達的にも、続きの色んなエピソードを妄想しがちなワシらにようなファン的にもありがてぇ

 

という感じの本作のストーリーですが、大筋のテーマ的にはTV本編でもヒルマ家やアオベ父娘を中心に所々で肝になっていた、「コミュニケーション」「家族」という要素により強くフォーカスしていたところが見所。ゲストキャラのマブセ親子を取り巻く「子に満足な想いをさせ立派に育ててやりたいという愛情から身を粉にして働くが、それ故に身近な子の一人の人間としての心の奥底に気付けない親」「一人の人間として親に向き合い認めてもらいたい想いが届かず、それに対する鬱屈とした感情から親の奥底の愛情に気付けず親/大人を愛なき存在と捉え荒れゆく子」という「些細な想いと言葉のすれ違い・ディスコミュニケーションを等身大の人間の心情描写として丁寧に描き、それを怪獣ゴンギルガンの脅威と首都東京の危機という壮大なスケールの展開の中へとリンク、その上で繰り広げられるスリリングな展開の中でもマブセ親子を取り巻く心情・関係性をしっかりドラマ面の重要な柱として通すことで織り成された濃密なストーリーは、大迫力の怪獣特撮で魅せるSFストーリー」「『コミュニケーション』に軸足を置いた繊細な人間ドラマ」の二要素の濃淡を絶妙に使いこなした骨太な作劇として非常に魅入ったところでありましたね。加えてそこにおいてゲント隊長がイチロウの息子に対する残悔に寄り添い「子供は思っているよりも早く大人になっていく」(おそらくTV本編などを含む息子・ジュンとの向き合いを経たであろう実感も込めて)説く・首都東京の存亡と共に無情にも天秤に乗せられてしまったたった一人の息子の命を救いたいという彼の想いに「絶対救う」と真っ直ぐに伝えるなど、「息子を持つ父親」という同じ立場からイチロウの心を支えたり、エミが「離れていても繋がり想い合っている親子同士の愛情を知っている子」の立場から、自分とは逆に近くにいてもすれ違ってしまったユウキの心情を理解したり、とTV本編における「家族」のドラマを担ったレギュラー陣の寄り添いがよりストーリーに深みを与えていたのも良きところで、「家族」「コミュニケーション」というブレーザーのメインテーマが本作においてもしっかり活かされてたの良かったなぁ マブセ親子も「親のエゴ」「子の我儘」みたいにどっちかだけが悪いという偏りをあまり感じさせない、どちらにも悪い部分はあったけどどちらもちゃんと理解できる人間的な心情を抱いていたという塩梅で取り回されてたのがキャラクターとしてちょうど良い感じであったね 最後はちゃんと無事に再会し互いに向き合い愛情を確かめ合えて良かった  まぁ究極的に見ればこの親子の問題に人々が盛大に巻き込まれた構図ではあるのでそこでちょっと引っ掛かりは生まれるかも(実際そこを取り上げて言及する感想も少しあったし)だけど、それでもそこをあまり気にさせないストーリーとしての強さや繊細さはしっかりあったよなと(前述の感想においてもその上で絶賛する声は多数だったので、取り回し方の繊細さや同時に描かれた特撮面の爽快さのバランスが良い感じに効いたかもね)

 

またブレーザーといえば忘れてはならないのが特撮面。本作においてもここはバッチリ素晴らしいものでありました。ストーリー面は良い意味であまり肩肘張らない感じであった一方、緻密な工場地帯のミニチュアの中をブレーザー・アースガロン・タガヌラー・ズグガンが所狭しと入り乱れる巨大戦次々襲い来る幼体の等身大タガヌラー&ズグガンをエミ・アンリのコンビが駆け回りながら駆逐していく屋外ロケの生身戦闘とが同じ画角においてナチュラルに同時進行してゆく巧みな合成が見所の前半のバトル首都東京の様々なロケーションを自然な合成の下進行していくゴンギルガンの脅威それを迎え討つブレーザーとSKaRDの大迫力のバトル国会議事堂の超リアルなミニチュアなどのハイライトを交えながら息つく暇もなく連続して繰り広げられていく後半・クライマックスの決戦などなど、こちらの特撮・戦闘面に関してはどストレートに劇場版スケールに相応しいクオリティに仕上がっててめちゃくちゃ満足度が高かったですね。バキボコにやられながらも泥臭く食い下がってSKaRDの仲間達の作戦をしっかりと支え最後の最後までカッコよく戦い抜いたアースガロンの大活躍なんかは構成上ダウンしがちだったりしたのが人によってはネックになりがちだったTV本編の鬱憤を晴らすかのようでまさにいぶし銀だったし、ブレーザーも持ち得る気力を尽くしたと言わんばかりのゴンギルガン相手の大暴れが最高に痺れたしで、ある意味では「コミュニケーション」のテーマを昇華するための“耐える”戦いで魅せた部分も大きかったTV本編最終回のヴァラロン戦よりも血が沸き踊ったね...Mod.Ⅲユニットを直接手にし刃のように振り回すまさかの活用でパワフルに立ち回ったアースガロンや、テレビの向こうからのヒルマ親子の応援を受け再び繰り出したブレーザー光線で(真っ赤に滾ったアースファイアと共に)不死身の魔獣をブチ破り改めて絆の光線の“必殺”ぶりを印象づけたブレーザーなど、新鮮さと安心感が両方味わえてうめぇうめぇ  やっぱなんだかんだと言いつつ怪獣特撮において最後は盛大に大暴れした立ち回りが至高という感じになりますな  パイロットとしても生身の射撃手としても八面六臂の活躍を見せたヤスノブクライマックスの大一番を気合いとフィジカルでアースガロンと共に戦い抜いたアンリ副操縦士という立ち位置ながらも彼らの戦いを全力の叫びと共に後押しし見守りサポートし抜いたテルアキ副隊長ダメージを押しながらの戦いも「いつものことです」とちょっと情感豊かな感じの軽やかさを滲ませながら軽く流し仲間達と共に戦場を駆けたアーくんと、SKaRDの面々の死闘に全力で身を投じる勇姿も戦闘をグッと引き締めてて凄く良かったし、なんか久々に自分のイメージする「ウルトラマン劇場版のバトル」を味わえた感じがあって大満足だったね

 

しかしこの大迫力のクライマックスの決戦、引いては本作における印象的なオブジェクトとして情報公開時から強くプッシュされていた国会議事堂、これの描き方も今回凄く良かったよなぁと。「ユウキの鬱屈とした感情が巡り巡って生じた『大人』そのものへの怒りが根源となって矛先を向けられた」という前述したマブセ親子を軸としたドラマ面との巧みなリンクによるそこが舞台になる必然性をしっかりと印象付けた作劇、およびその理屈を「ゴンギルガンの進行方向は『霞ヶ関』」という情報の提示と、それを踏まえたゲント隊長の「ユウキの“大人”への怒りの行き着く先がどこか」という部分(ユウキという一人の“子供”の心情)への理解を表す台詞の二点によって「“この国の上に立つ大人達”がいる国会議事堂が襲われる」という直接的な表現を用いずとも視聴者にしっかりと理解させた正しく“多くを語らない”鮮やかな演出、これが凄く粋で唸りましたね...実在する印象深い建造物でそこを舞台にするというだけでもかなりインパクトはあるんだけどそれだけに依ることはせず、しっかりとそこを舞台に据えるだけのドラマ的な説得力を持たせた上で入れ込み、尚且つ「国会議事堂」という言ってしまえば見る人間によってはちょっとセンシティブなメッセージを勝手に邪推してしまいそうな要素に対して、「少し大人な部分のある子供」というユウキの心理(の暴走・拡大)という部分に寄り添いフォーカスした紐付けとすることで物語的な軸足を一貫して「家族」という部分に置き、あざとく露悪的なテーマ性・批判性が生じたりしない塩梅にしてたのもグッド(ゴンギルガンと同化したユウキの悲痛な叫びと演説によって映像的にも鮮烈に描かれてたはいるんだけど、その上でも一線を超えない取り回しだったのが実に丁寧であった)  特撮的にも緻密なミニチュアで表現された国会議事堂を様々なアングルを交えながらバッカスッカと破壊しながら繰り広げられる最終決戦が熱かったし、凄く良かったね

 

そして戦いを終えてのラストは、ゲント隊長宅にみんな集まっての焼肉パーティという微笑ましい一幕(後半戦前のゲント隊長の「生きて帰ったら焼肉奢る」という台詞があった上で「家焼肉かい!!」というツッコミが入る良いオチなのも好き。w)、そんな中でカミングアウトされるヒルマ家に新しい家族が増えるというおめでた報告、それに対する仲間達のお祝いという明るく気持ち良いシーンで締め括りとなりました。いや本作冒頭部分から「何かと不在がちなサトコさん(それを気にして心配するジュンくん)」という形で定期的に仄めかしはあったんだけど、ベタに「ゲント隊長の誕生日祝いの準備」とかだと思っておめでただとは思っても見なかったのでここは割とゲント隊長と一緒になって驚いちまいましたね...(誕生日祝いならジュンくんにも秘密じゃなくて良いでしょ、とか色々気付きそうではあったんだが...)  涙ぐんで仲間達にイジられるゲント隊長には思わずグッときたわね

にしても本作もヒルマ家、良い存在感出てて良かったなぁ。あくまでドラマの中心ではなく要所要所での登場ではあったんだけど、いつもと違う母・サトコさんのことにいち早く気付き心配するジュンくんそれに対し仕事の都合で常に一緒になって考えることはできないながらも息子に「家族を守れる一人の強い人間」としての強い信頼を寄せ向き合ってあげる父親としてのゲント隊長、という確かな信頼や絆、愛情を感じるシーンをたくさん垣間見せてくれたのは嬉しかったね(ドラマ的に直接は交わらないながらもちゃんと本筋のマブセ親子のドラマとの対比として物語を引き締めてたのも良き) ブレーザー光線もそこを軸にする上での今一度の演出的なワンアクセントとしての意味合いが大きかったのかもね(構図的には最終回の焼き増し的ではあるのでそこが気になるのもありはするけどでもやっぱり好きだわね)

その上で最後の最後に描かれる温かな家族の団欒、ほんと「家族」というテーマを突き詰めたブレーザーらしい良い着地で気持ち良かった SKaRDの仲間達というある意味ゲント隊長にとってのもう一つの「家族」とも一緒なのがニクいね  まぁ何はともあれ、

おめでとうゲント隊長 お幸せに

 

 

以上、ブレーザー劇場版でした。ドラマ的にも特撮的にもちゃんとTV本編で描かれた蓄積や一貫するテーマ性を熱く昇華させてて非常に見応えがあり、ウルトラマンブレーザーの物語の一先ずの締め括りとして実に気持ちが良かったですね。「家族」のテーマの強調、その中で描かれる「コミュニケーション」の大事さ、それらを含みながらパワフルに展開される大迫力のバトル、どれをとっても最高であった  元より自分にツボにバチバチ刺さるウルトラ作品として大いにハマったブレーザーだったけど、劇場版もそこに通ずる良さをたっぷり味わえて良かったよ 

かくしてこれにてブレーザーの世界とは一旦お別れ。これからももしかしたらその先の物語が見れるかも、というとこではあるけどとりあえずお疲れ様でした。素晴らしい作品をありがとう!!また会いたいね ブレーザーやSKaRDの仲間達

 

というわけで今回はこの辺で。最後まで読んでいただきありがとうございます。 読んでて共感できたり楽しめたりしたところがあれば幸いです

気に入っていただけたら次回も読んでいただけるとありがたいです。感想をくださったり記事の拡散等をしていただけたりすると更に喜ぶぞ!!

ではまた